りゅうちぇるに高3男子が進路相談 「専門学校は本当にやりたいことが決まっている人が行くべき」

「AbemaTVではなく申し訳ないんですけど、『NHKの子供番組をやっているりゅうちぇる』」という独特のコーディネートで登場したりゅうちぇる。9月23日(金)に放送された『りゅうちぇる×ちゃんねる』では、街角リサーチ企画「リサーちぇる」を放送した。これまで、自由が丘や神奈川県の清川村、下北沢などで街頭調査や街ブラ企画で街行く人々に声をかけてきたりゅうちぇる。今回のロケ現場は「表参道」ということでいつもとは少し違う雰囲気の中、番組が始まった。

最初のテーマは「好きな人に見られたくない場面は何?」。りゅうちぇるは、「(自分の場合は)最初は鼻くそだった。鼻くそみせるの恥ずかしかったけど、今は自分からみせる」とコメント。


最初に答えてくれたのは20歳の女子たち。それぞれ「トイレ(で用を足している時)」「ムダ毛を剃っているところ」と回答してくれた。そして再び調査。


ところがいつもと違い、街行く人々は家路なのか何なのか、急ぎ足で立ち止まってもらえない。とっさの判断か、街路樹沿いに座っていた二人連れの女性に声をかけるりゅうちぇる。しかし、あっさり断られる。そんな様子を引きで撮るカメラマン。

「どうしてさー断れれるところをさーあえて引きで撮るの?」と怒るりゅうちぇる。その後も断られ続けたが、なんとか3組にインタビュー。「好きな人に見られたくない場面」について「必死な顔」や「化粧中」などが回答された。


次の調査に移る前に、「思いっきり生ちぇる相談」というミニコーナーを放送。りゅうちぇるがツイッターで良くリプライをもらっているとう男子高校生から、「高校3年生だけど進路が決まりません。就職はまだしたくなくて、専門学校へ行こうと思っても、それが本当にやりたいことなのかわかりません。どうすればいいですか?」という相談が寄せられた。


「これは簡単のピッピ」と言い出すりゅうちぇる。相談者のことを少し知っていることもあり、「東京へ来るべきだと思う」とズバリ回答。専門学校は本当にやりたいことが決まっている人、大学へは専門分野をしぼりつつも幅広く就職先を考える人が行くべきだと思う、としっかりした意見を述べた。


方向性が決まっていない相談者には、進学よりも、自らの経験談も踏まえ、東京に来ることを進める。さらに「東京ってマジすごいんだ!東京は僕を変えてくれたの。だから絶対来るべきだと思う。がんばれ!」とエールを送った。すると、スタッフからは拍手が。さらに「弟子にしてくださいって言われたら(どうするの)?」と聞かれると、「全然する!」と快く回答。「すっごい面倒みるの大好きだから、すぐ弟みたいに勝手にしちゃう」とお節介な一面があることも明らかにした。

リサーチを再開したりゅうちぇる。2つ目のテーマは「りゅうちぇるの今後の方向性は?このままでいいor何かした方がいい」と2択の質問形式。「これ聞いちゃう?」と言いながらも、だんだん人を見る目を養ってきたようで声をかける人を選びながら歩くりゅうちぇる。


すると、お仕事中の女子2人を発見。すかさず声をかけ、インタビュー。2人からは「体をはる」という提案がでた。さらに、YouTubeでりゅうちぇるの動画を良く見ているという女子2人にインタビュー。「エアロビボーイ」など、独特なファッションセンスが売りのりゅうちぇるに「服装を変えた方がいい」という斬新なアドバイスをする女性まで。りゅうちぇるが「どういう風に変えたらいいかな?」と聞くと、「めっちゃモードな(感じ)。黒と白とか」と、これまたカラフルな服装が特徴のりゅうちぇるに大胆なイメチェンを進めてきた。


ところが、りゅうちぇるは「今モードに変えたらすぐ飽きられると思うんだよね!モードに変えるのは5年以降だと思ってる」と先読みしていることを暴露。りゅうちぇるがモードに変えた時は要注意かもしれない。

4人にリサーチした結果、全員から「何かした方がいい」と言われ「ヤバイ結果になってます」と言っていたが、TVに出始めて1年のりゅうちぇる。この番組を通してたくさんの人の意見を聞き、人を見る目も養い、さらには的確なアドバイスも提案できるようになった。番組終わりにもらう「今日の評価」では「たいへんよくできました」があと3つ付くとハワイに行ける。このところいい評価がつかず、「(ハワイに)全然いけな〜い」と言っていたが、りゅうちぇるの「無限の成長力」にかけるスタッフの期待も大きくなっているようだ。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000