最上もが、胃腸炎を告白 ドクターストップで3日間絶食

9月26日にオンエアされた「最上もがのもがマガ!」(AbemaTV)にて、最上もが(でんぱ組.inc)がストレス性の胃腸炎を患っていることを明かした。

この日の企画は「お取り寄せ企画を学ぼう!」という趣旨。スタジオには美食コーディネーター・白木あきこ氏を招き、土屋伸之(ナイツ)進行のもと、番組は展開された。3人の会話の中で最上が「食べ物って”健康”や”美”に直結する。食べるものによって肌荒れを起こすし、良いものを摂ればとるほど肌もキレイになるもの」とコメントする場面も。ダイレクトに体に影響を及ぼす”食”には気を使っているようだった。

番組では、お取り寄せグルメの魅力が語られたのち、白木氏がオススメの逸品だと言う「旬鯖(ときさば)ずし」が登場した。肉厚な鯖とご飯が昆布で巻かれてあり、一見して”美味しそう”な画に最上と土屋は大興奮の様子。「さぁ食べてみましょう、編集長」と土屋が切り出すと、笑顔から一転、「すっごく食べたいんですけど…。朝、ダンスレッスンしてたら体調が悪くて。番組収録前に病院にいったら『胃腸炎です、3日間絶食してください』と診断されたんです」と医師から説明されたことを最上が明かす。これに土屋は驚きの表情で「えっ! 今日お取り寄せ企画…そんなことある…?」と吐露すると、最上は鯖ずしの匂いを嗅ぎながら「ほんとに楽しみにしてきたんです…。土屋さん代わりに食べてください」と番組の相方に試食を託した。その後、スタジオに現れた数々のお取り寄せグルメを我慢しつつ、自身が今気になるという手土産をハキハキと紹介していた。


なお、最上によると胃腸はもともと弱いんだそう。最上の体調が1日も早く回復するよう、番組のファンは願おう。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000