SILVAが作った婚前契約書 「生活費は育児中でも折半」

 「婚前契約書」を出したことで話題となった歌手・DJのSILVA(41)が26日に放送された『芸能㊙︎チャンネル』(AbemaTV)にゲスト出演。自身の婚前契約書について語った。

 SILVAの婚前契約書には「気持ちが冷めたら離婚」というものもあるのだといい、以下のように語った。

「出会いもいっぱいあるわけじゃない。ラブラブを過ぎたら、他の人に目が行く。男性の本能もわかるし、女性も強い男性を求めると思います。私、男性だから浮気をするとかそれだけじゃないと思っています。結婚する前に、そういう部分を協議の中に入れてしまおう、と考えたのですね。一年半話をして、気持ちが冷めたら(離婚の)申請をします。浮気するときって違うんですよ。一番嫌なのが、知り合いから『彼、●●と一緒にいるのを見たよ』などを聞くこと。だったらお互い申告をし、お互い言う。それを盛り込んだんです。これは、私が彼に言い、納得してもらった」


 さらに、SILVA夫妻にはペナルティが決まっており、離婚を切り出した方が慰謝料を100万円払い、養育費月10万円を支払うことになったのだという。これについてSILVAはこう語る。

「普通、『億』を超えるらしいですね。私は現実的に払えないんだったら、申告もしなくなると思います。さすがに『億』を払うんだったら徹底的に相手はこそこそやると思います。結局1億円という契約書があったにしても、取り立てる裁判になってしまう。100万円だったらパッと集められるでしょ。100万円を覚悟して浮気するのはリアルな数字です。100万円って現実的に考えた数字かな。せっかく出会ったんだから、苦しみながら別れるのは嫌ですよ」


 SILVAの夫はイケメンとしても知られているが、彼女は夫がモテることについて承知の上で結婚しているのだという。「モテる分にはいいかな。うちは笑いが多いですよ」と語り、夫婦仲の良さを説明した。


 また、SILVAは「見せかけだけゴージャス男」が苦手で、昔からダメンズが好きだという。

「付き合ってきた男性を考えると、お金もない人が多くて。過去お金がなくて、私以外の人だとおごる人がいたんですね。その男性は、女性と2人きりだとお金を出すらしいのですが、私とは割り勘か払わせる。見栄張りでカッコ悪い。でも、好きだったんですよ。2年が限界だったかな……。変わるかなと思ったんですが、変わらなかった。そこで(婚前契約では)『生活費は育児中でも折半』ってしようと思って。折半と決めてしまえば気持ちいい」と過去の恋愛を語った。


 最後に、SILVAは今の主人について「私は仕事するときは、主人が仕事を休む。そのために転職してくれたほどです。恋愛って最初に盛り上がっていって結婚するでしょ。お金とか親の話はしないけど、付き合って1年目の盛り上がったときにシビアなお金の話をしました。お勧めします。現実的な話はちゃんとしましょう」と独自の結婚観を語った。

 


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中 


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000