豊洲市場の地下水から猛毒物質が検出 「無責任体質」の都政に批判集まる

豊洲新市場の「地下空間」に溜まった水について、専門家会議の座長、平田健正・放送大和歌山学習センター所長が「水道水レベル」であり「飲んでも大丈夫」だと判断した。溜まった水は地下水由来とされヒ素、鉛が微量に検出されたが、いずれも環境基準に従い、安全性に問題ないとの認識を示した。しかしながら、「危険である」と考える専門家もおり、意見が分かれている。

24日に放送された『みのもんたのよるバズ!』(AbemaTV)で、番組MCのみのもんた氏が「なんでこういうことになったのか。その経緯を見なくては…。」と、ゴタゴタが続く築地市場移転問題について迫った。

地下空間問題で最も不可解なことは、当初、建物の下を「盛り土」にする予定だったのが、いつしか「空間」になっていた点だ。一体誰がそのような決定をしたのか?

「決裁の判子を押した記憶がある」と証言した当時の東京都中央卸売市場長だった岡田至氏は「盛り土は全面的にできると認識していた。盛り土がされていないことは、(小池)知事の発表の時に初めて知りました。」と語った。

今回の件では、小池百合子都知事が「盛り土」がされてないことを発表したことによって初めて知ったという関係者も多かったようだ。石原慎太郎元都知事も「内容を確認せず決裁した」と語っていた。

さらに、都議会公明党が地下空間を独自調査したところ、環境基準では「検出されてはいけない」とされている猛毒のシアン化合物が1リットルあたり0.1mg検出された。

これに対し、小池氏は「無責任体制と言わざるを得ない。誰が犯人かピンポイント(での追及)はできなくはないが…。都政が不透明であることをこれからも続けますか?ということが問われている」と都政の体質を批判した。

みの氏も「いけないことはいけないんですよ。環境基準で危険な物質が検出されてはいけない。『このぐらいの数値だったら影響ないのでは?』と判断するのもいけない。書類の内容を確認せずに決裁の判子を押すのもいけないんですよ」と苦言を呈した。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000