世界累計700万DL突破!人気アプリゲーム「消滅都市」 イベントやライブも大盛況

23日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に、アプリゲーム「消滅都市」に関わる、DJ のロストボーイズ加藤浩義さんと川越康弘さん、そして声優の朝井彩加さんと、西村太佑さんが出演。スタジオで生アフレコ&演奏を行った。

消滅都市は、2014年に誕生した、スマートフォン向けのアプリゲーム。現在の日本を舞台に、アクション、ドラマ、RPGを融合した新感覚ゲームとして人気を集め、世界累計700万ダウンロードを突破している。さらにゲームの枠におさまらず、イベントも大盛況、コンサートまで開くまでになっている。

ロストボーイズの2人は、消滅都市のBGMを担当。反響について、加藤さんは、

「アプリが始まって2年ちょっとですが、ライブのオファーやイベントでDJプレイをさせていただく機会がすごく多くて、もう20回くらいやっている。これだけ長く、一つのタイトルでイベントをやらせていただくということはなかなかない」

とコメント。

川越さんも、「ゲームの音楽ってオーケストラが多いんですよね。EDMとかダンスミュージックというのが長く皆さんに愛していただけるのは珍しいと思いますね」と話す。

そして、消滅都市に登場するキャラクター、ソウマとツキの声が朝井さん、ギークの声が西村さんをそれぞれ担当。

西村さん「ギークというキャラクターと、私が割とシンクロ率が高いもんで、それでちょっと盛り上がりがあって、おかげさまでありがたい限りです」

朝井さん「配信開始から勢いがすごかったので、700万ダウンロードってきいて、世界が消滅都市に追いついてきたのかなって」

そして「消滅都市フューチャーコンサート」が、12月28日から3日間、渋谷ヒカリエで行われる。コンサートの内容について、川越さんは「オーケストラとDJの共演です。コンサートにも声優さんが出演し、今までにない形になると思います」と新しい融合に期待を寄せる。またコンサートには、朝井さんや西村さんも、ゲスト声優として出演。他には、花澤香菜さんや中恵光城さんも日替わりで出演するとのこと。

番組では、「消滅都市」AbemaPrime特別バージョンとして、朝井さんと西村さんによる生アフレコも! 消滅都市の登場人物、ツキとソウマの二役を朝井さんが、そしてギーク役を西村さんが演じる。主人公のタクヤとユキの行方を巡って、3人の緊張あふれるスピンオフシーンが描かれる。そして演奏には、新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団に所属するヴァイオリン奏者の小林明日香さんも参加。

「世界の終わりと最後の言葉」「Reflection」「Reloaded」「I miss you baby」のスペシャルバージョンに、スタジオ総立ち。声優のつむぐストーリーに引き込まれ、DJとオーケストラの融合に興奮する、贅沢な夜を堪能した。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000