倉持由香、アクロバティックヨガでセクシー対決

 22日、渋谷のパーティーロッカーことあっくん(29)と雑誌「S cawaii!」などで活躍するモデル・鈴木あや(26)がMCを務める『#SHIBUYAbema』第24回が放送された。ゲストは“尻職人”として人気のグラビアアイドル・倉持由香(24)。倉持は「もともとお尻はコンプレックスだったけど、カメラマンの方に“尻を活かさないと無駄尻だ”と言われてからお尻に目覚めました」と自己紹介し、放送中に数々のセクシーポーズを披露した。

 鈴木が「グラビアポーズ教えてほしい」とリクエストすると、倉持は四つん這いになり、「お尻と腰の高低差が大切」「S字の曲線を描くようにするのがポイントです」とサービス満点に実践。目の前でお尻を突き上げられたあっくんは大興奮。“おさわり”を試みようとして、鈴木に「舐めないで、触らないで!」と叱られていた。

 スタジオ「ACRO YOGA JAPAN」ではさながら雑技団の動きのようなアクロバティックヨガを体験。倉持は「私はお尻がウリなので、お尻に効くヨガを学びたい」と意欲十分だったが、いざ始めると“飛行機”のようなポーズで「怖い怖い!」と大絶叫。大慌ての倉持をよそに、鈴木は「お尻キレイ~」と呑気にコメントしていた。

 鈴木は「ピラティスで体幹を鍛えているから」と自信を覗かせ、同じポーズをあっさりクリア。普段のポンコツな動きから一転、名誉挽回と思われたが、あっくんからすかさず「おっぱい小さくなってるぞ」とツッコミ。なんとブラを2枚重ねにして盛っていたことが明らかになり、バツの悪そうな表情を浮かべていた。

 最後にあっくんの提案で、鈴木と倉持がセクシーポーズ対決をすることに。先生からセクシーなヨガのポーズをレクチャーされ、倉持は“ネコのポーズ”を披露。鈴木は改めて「お尻が本当にすごい!」と大絶賛。お尻を触らせてもらい「うほぉー!」と変な悲鳴を上げ、「プルンとしてて、弾力がある!」とハイテンションになっていた。 セクシー対決は大方の予想通り、倉持の圧勝だった。 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000