卓球・福原愛 今後は夫婦で混合ダブルスの可能性も

 21日、リオデジャネイロ五輪卓球女子団体銅メダルの福原愛選手(27)が、今月初旬に入籍した夫で卓球台湾代表の江宏傑選手(27)とともに、都内のホテルで結婚会見を行った。

 白地に色とりどりの花柄があしらわれた華やかな総絞りの振袖を着た福原選手は、「小さい頃から日本中の方に応援していただき、今日という日を迎えられました」と挨拶。プロポーズはリオ五輪後に江選手からされたそうで、マンションの鍵を渡され「この家の主人になっていただけますか」と言われたという。

 この件を取り上げた22日放送の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターのあべかすみ氏が「愛ちゃんが七五三のときに取材した。そのときは、『かすみさん、着物嫌だー』と言いながらはしゃいでいた。あの愛ちゃんがこの振袖姿……」と懐かしむと、番組MCで俳優の南圭介(31)も「みんなの愛ちゃん、みんなの娘っていう感じですね」と目を細めた。


 身長183センチで爽やかなイケメンである江選手は、台湾では「卓球王子」と呼ばれる人気選手だという。また、新居は台湾で今建設中のマンションで、あべ氏は「相当広いマンションを購入している。お金持ちみたい」と話した。

 そんな江選手が福原選手に送った指輪も話題を集めている。卓球のピンポン球がデザインされた指輪には、3.22カラットもの大きなダイヤが存在感を放っているが、これは江選手の誕生日である「2月22日(2.22)」に、「愛ちゃんに100パーセントの愛情を」の意味を込めた1.00を足した数字。さらに、この指輪の総額が3000万円であることがあべ氏から告げられると、出演者は絶句。この日のゲストで俳優の青木一馬(29)は「あまりに桁がすごすぎてリアクションできない」と言いつつ、「すごく思いがこもっているから、尚更いいですよね」と話し、南も「メッセージ性もいいですね」と感嘆の声を上げた。


 また、あべ氏によると、夫婦での混合ダブルスの可能性について「機会があったらやってみたい」と話しているという。今後の競技生活も楽しみな福原選手。今日22日は台湾で江選手とともに会見を行っている。


©AbemaTV


 『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000