熱愛報道の三浦春馬に生電話 その結果…

 22日、俳優の三浦春馬(26)が、世界的に注目されているダンサーの菅原小春(24)と交際していることが明らかになった。お相手の菅原は、独創的なダンスが話題で海外からもオファーが絶えないダンサーで、米歌手のスティービー・ワンダーと共演したCMでも知られている。三浦が菅原に惚れ込み、「ぜひ彼女を紹介してほしい」と周りのスタッフに頼んだといい、積極的なアプローチが成功した形だ。

 この日放送された『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターのあべかすみ氏が「(三浦の)事務所に電話したら、『プライベートのことは本人に任せています。よろしかったら、、2人が共演したラジオの放送がYouTubeで見られますから。それ聞けばなんとなくわかります』と言われた」と明かした。


 この「ラジオの放送」とは、菅原がレギュラーで担当している番組で、8月中旬に三浦がゲスト出演したもの。その際の内容についてあべ氏は「すごく仲がいい。あうんの呼吸のトーク。そのラジオで彼(三浦)が話していたが、今年2月の菅原の舞台を三浦は見に行っている」と話した。この事務所の対応を考えると、熱愛は事実なのか。

 あべ氏はここで、三浦と親友だと以前から公言している番組MCで俳優の南圭介(31)に「南さんは三浦春馬さんとすごく仲がいいですよね。春馬さん何て言ってました?」と斬り込んだ。しかし南は「僕はこのニュースも初めましてでしたよ。ノーマークでした」と告白。この日のゲストで後輩の青木一馬(29)から「本当に仲いいんですか?」と突っ込まれながらも「この前会ったのは(三浦の主演ミュージカルの)『キンキーブーツ』のとき。7月の下旬だったから、2人がラジオをやる前。その前は4月に会ったけど、そのときはまったくそういう感じは見せていなかった」と話した。

 新情報を引き出せなかったあべ氏はさらに、「今、電話して」と無茶振り。南は腹をくくって実際に三浦に電話をかけるが、3コールで断念。大汗をかきながら「本当にこういう話題で友達が出てくると、どうしていいかわからないですね」とパニックになっていた。青木に「こんな圭介さん初めて見ました」と言われるほど混乱しながらも、最後には「春馬も大人ですし、ポジティブに考えること。お互いにいい高みを目指してほしい」と無難にコメントした。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000