卓球・福原愛 結婚会見 「結婚しても後輩の参考になる選手に」

 卓球女子でロンドン、リオデジャネイロ両五輪団体メダリストの福原愛選手(27)が21日、東京都内のホテルで結婚報告の記者会見を行った。夫はリオオリンピックの卓球に台湾代表で出場した江宏傑選手(27)。

 会見に登場した福原愛選手は「みなさまこんにちは、福原愛です。私ごとでございますが、入籍させていただきましたことをご報告したくみなさまにお集まりいただきました」と挨拶。夫である江宏傑選手を壇上で紹介すると、江宏傑選手も「こんにちは。江宏傑です。今日はよろしくお願いいたします」と日本語で挨拶した。

 記者からの「お互い一緒にいようと思ったのは、どんなところがきっかけなのか」という質問に、江宏傑選手は「一緒にいるとあたたかい気持ちで包んでくれる」と回答。福原愛選手は「どんな些細なことでも相談に乗ってくれる」とコメントし、リオオリンピックについて聞かれると「オリンピックが開催される前の合宿は厳しかったです。でも、お互いメダルを目指しながら頑張ろう、と。彼(江宏傑選手)は団体戦からの出場だったので、シングルスときは本当にたくさん励ましてくれた。団体戦のときはお互いに励ましながら本番を迎えました」と答えた。

 他の記者から4年後の東京オリンピックに向けて聞かれると、福原は「リオオリンピックが終わって、帰国して一カ月経ちます。私がどんな選択をしても彼は応援してくれると声をかけてくれました」とコメント。

 続いて「私の中でどこかで女性アスリートというのは夢をあきらめるわけではなけど『結婚などで選手としての活動が狭くなるのでは?』という思いがありました。でも、彼となら夢をあきらめず、頑張ることが可能なんじゃないかと思いました。『福原愛さんは結婚しても卓球してる』って、後輩が道を進むときの参考になるような選手になりたい」と語った。


@AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000