ピース綾部、鼻の手術を告白 「エロ番組なんかやってる場合じゃない」

 19日、AbemaTVで『最上もがのもがマガ!』の第24回が放送された。『最上もがのもがマガ!』は、編集長である最上もがと副編集長である、ナイツ・土屋伸之が雑誌「もがマガ」の企画を作る番組だ。今回は、番組後半で出演したピース・綾部祐二が鼻の手術を行ったことを明かした。

 綾部は『最上もがのもがマガ!』の終了後放送されている『妄想マンデー』(毎週月曜日 23:00〜25:00)に出演している。同番組は、男心が膨らむちょっとエッチな妄想コントから、ついつい妄想してしまう異性の身体の仕組みや性にまつわるお悩み相談、妄想を掻き立てられるちょっとエッチなグッズ紹介など、とにかくエロスな内容盛りだくさんで放送している。


 施術をしたことが明らかになったのは、“お約束”通り番組後半で現れたピース綾部が「エロ天狗」に変装して番組に乱入してきたシーンだ。

 明らかに鼻声の綾部に対し、土屋が「昨日、生放送見て思ってたんですけど、鼻詰まってますよね?」と問うと、「さすが。いっつも気づいてくれるんですね。そうやって俺のこと」としみじみと感動した様子。「鼻がずっと詰まってまして、大変なんですよ」「だから、この後2時間、エロ番組なんてやってる場合じゃないんですよ。正直」と苦笑い。「風邪とかですか?」と声をかけた最上に対し、「鼻の手術したんですよ」と告白。鼻炎による慢性的な鼻づまりを解消する施術を行ったことを仄めかす発言をした。


 綾部が「鼻が通りよくなるために手術したんですけど、通りよくなるためには1週間詰まんなきゃダメなんだって」「そんなバカな話はあるのかっていうね」とこぼすと、スタジオに笑いが巻き起こった。

 すると、土屋が「工事と一緒」とツッコミを入れると、「そーいうことなんですよね。1回通行止になって、後は快適になるっていう、全く(工事と)同じパターンでして……」と自らの手術話を面白おかしくネタに変え、笑いを誘った。土屋が「(通行止になる)その時期なんですね」と続けると、「そうなんですよ、その時期とエロ収穫祭(この後の番組)が重なっちゃいましてね」と明るく笑い飛ばしながら、この後自身が控えている番組の番宣をする“プロ意識”の高い綾部だった。


©AbemaTV


『最上もがのもがマガ!』は毎週月曜日22:00〜23:00にAbemaSPECIALチャンネルにて放送中!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000