福山雅治がスクープされない理由 「鬼のように運転が上手」

 10月1日に公開される映画『SCOOP』は、週刊誌のスクープ獲得への執念を描く作品だが、張り込みカメラマン役を演じる主演の福山雅治(47)は、役作りのために写真週刊誌・FRIDAYの記者から指導を受けるなどしたという。福山は尾行をした時の写真を見て現場の臨場感を知ったり、大胆にターゲットに接近する方法などを学んだそうだ。

 役としては「スクープを取る側」を福山は演じるわけだが、19日に放送された『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、「スクープを取られる側」としての福山について語られた。芸能リポーター・長谷川まさ子氏は、福山はとにかくスクープが取りづらいターゲットとして有名だと説明。


「都市伝説かもしれませんが、帰るところが複数あるという説があります。あと、次は事実ですが、鬼のように運転が上手! もちろん安全運転はしていますが、尾行する取材者をまくのが上手なんですよ。そしてとにかく道をよく知っています。裏道から抜けて行ったりもするんです」


 長谷川氏によると、芸能界で尾行をまくのが上手な1位が福山で2位が草なぎ剛、3位が石田純一だという。


 スタジオでは「意外!」「ほんと?」といった声があがったが、長谷川氏は実際に石田からまかれた体験を持つそうだ。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000