25時間で15000個のドミノを制作 ドミノの天才が作る“螺旋ドミノ”がスゴすぎる

“ドミノの天才”が作る、何段・何層にも積み上げられた螺旋ドミノが鮮やかに倒れてゆく様子が圧巻だ。

この螺旋ドミノ、倒れたドミノがたったの一つも段から落ちたりはみ出したりしないという、究極の精密さにも注目してほしい。まるでCGでも見てるんじゃないか? と錯覚してしまうほど正確に組まれているのだ。

このドミノを作ったリリー・ヘヴェシュさんは、世界的に知られるドミノ・アーティスト。15000個のドミノを合計8日間、25時間かけて作ったというこの大作は、彼女のキャリア中では3番目の規模だというから驚き。ちなみに最大規模のドミノは30000個ものブロックを使用したらしい。

作ったことがある人ならばわかると思うが、ドミノというのは本当に気の遠くなる作業である。しかし、彼女はとにかく楽しそうで、そのあたりも天才と呼ばれる所以だろう。幾何学模様やアニメのキャラ、まるで巨大な遊園地のような長大なドミノまで、幅広いスタイルとスケールの大きなドミノはとにかく圧巻で、そして何度見ても飽きない。

彼女のYouTubeチャンネルは75万人もの登録者がおり、合計再生数はなんと2億回。もちろんドミノアーティストとしてはダントツのトップだ。ホンダやフォード、ジョナスブラザースのケヴィン・ジョナスのミュージックビデオ、そしてウィル・スミス出演映画のドミノシーンなどにも作品を提供しており、その認知度は知る人ぞ知る…というスケールを超えて、もはやスターの域に達している。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000