アトランタの勢いは止まらない!新鋭ラッパー・Eearzが今旬プロデューサーによる新MVを公開!

「またダッセー奴らが ダッセー奴らとダッセー服着て カッケーモノでもダッセーモノにしてる」ってな感じに、イケイケでドープなビートを量産している今旬プロデューサー・Mike WiLL Made-It(マイク・ウィル・メイド・イット)のレーベル・Ear Drummers Recordsから送り出されたアトランタの新鋭ラッパー・Eearz(イアーズ)がトリッピンな新MVを公開した!



Eearz(イアーズ)

全世界のチャートを揺るがしているRae Sremmurd(レイ・シュリマー)やアトランタの注目クルー・TWO-9(トゥー・9)などが所属し、現行ヒップホップシーンを牽引している今旬プロデューサー・Mike WiLL Made-Itのレーベル・Ear Drummers Recordsからデビューした注目ラッパー・Eearz。そんな注目の新鋭ラッパーが昨年の5月にリリースしたフリーEP『Eearz To Da Streets Vol. 1』から新MV『Gone Be Something』が公開された。


Eearz "Gone Be Something" (Prod. by Mike Will Made-It) 

Mike WiLL Made-Itが手掛けるダークなビートとトリッピンな映像、そしてフリーキーにスピットするEearzのラップは、まさにネクストレベル。


『Eearz To Da Streets Vol. 1』

デビューミクステとなる『Eearz To Da Streets Vol. 1』には、Mike WiLL Made-Itをはじめ、レジェンドプロデューサー・The Alchemist(アルケミスト)やMarz(マーズ)、RETRO SU$H!(レトロ・スシ)のCeej(シージェイ)らが参加した全8曲を収録。


Eearz - 『Work Ya Muscle』


Eearz - 『So Fortunate』

Meet Super Producer Mike Will Made It New Artist, Eearz! 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000