蛭子能収、爆弾発言 「優勝した広島は、やる気があるのか!?」

プロ野球、セ・リーグは広島が優勝を決めた。そして15日、広島は優勝を決めてから初めて、ホーム・マツダスタジアムで巨人との試合。試合後にはファンの前で優勝記念のセレモニーも行われた。

15日放送の『AbemaPrime』(AbemaTV)で、スポーツを漫画で解説する漫画家・蛭子能収さんの注目ポイントは、「優勝した広島は、果たしてやる気があるのか!?」ということ。「優勝した広島はやる気あるのかなぁ。(優勝決まったので)試合しなくてもよさそうですけど、一応やったみたいですね」と、しょっぱなからなんとも失礼すぎる発言を繰り出したうえ、

「広島の先発は岡田明丈。去年のドラフト1位で東京・練馬の出身。

巨人の先発は、田口麗斗(かずと)です。広島出身の広島顔です。“逆”なんですね」



と、広島の先発が東京出身者の岡田、巨人の先発が広島出身者の田口であることに言及。何が“逆”なのかがよくわからないが、今度は「田口の気持ちは『なんでオレは巨人にいるんだ?』と、ちょっと思っているんじゃないかなと……」と、試合の行方よりも、そちらが気になって仕方がなかった様子。



7回表が終わるあたりで、球場内には広島ファンの赤い風船が飛び交い、試合後には緒方孝市監督に優勝ペナントと優勝トロフィーが贈呈。そのまま場内一周、マウンド前で記念撮影が行われた。そのときのもようを描いたイラストは、緒方監督は「カープの監督ですね」とさらっと流し、ペナントを持っている選手は、選手というよりも“フツーのおじさん”に見えるラフな描き方で、華麗にスルー。



この日番組ゲストMCを務めた清水圭は、蛭子さんはスルーしたものの、「カープファンは、蛭子さんの優勝パレードの絵、欲しいと思いますよ? 次いつ描いてもらえるかわからない」と指摘。「プレゼントしたら? オークションだそっか!?」というアイデアを蛭子さんにぶつけると、蛭子さんは、「ここでギャラもらって、売ってまたお金もらえるの…? そんなことできるんだろうか」と、まさかの展開にうれしそうな表情を浮かべながら食らいついていた。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000