中村橋之助に不倫発覚 不倫相手とは今後も仕事の付き合いが

 歌舞伎俳優の中村橋之助(51)が、15日発売の週刊文春で不倫疑惑を報じられたことについて、14日夜、謝罪会見を開いた。

 お相手は京都・先斗町の30代の芸妓で、20年以上前からの付き合いだという。女性との関係は「襲名に対するお力添えを賜った」としたものの、報道陣から男女関係について問われると「私の不徳の致すところです」と否定はしなかった。


 妻で女優の三田寛子(50)からは「8代目芝翫という大きな名跡を継ぐにあたって、あなたの認識が足りないのではないか」と、時間を忘れるくらいきつく叱られたという。この会見で橋之助は、「私の不徳の致すところです」という発言を連発していた。

 この会見の模様を放送した15日放送の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターの駒井千佳子氏が「不倫はいけない。ただ、京都の方とのつながりが深いっていうのは、歌舞伎は江戸時代から続いているので、チケットというか、興行のときに手伝ってくださる方、お金を出してくださる方っていうのがたくさんいらっしゃる。 不倫は駄目。ただ、お仕事としての付き合いというのはこれからも続いていくので、それが奥様としては辛いだろう」 とコメントした。


 また、妻の三田も文春の取材にきちんと着物を着て答えているという。駒井氏は、「着物を着ているということは、きちんと梨園の妻として答えているということ。『うちの夫婦の間には“芸の肥やし”ということはありませんから』と言っている」と、三田のしっかりした対応について言及した。その上で駒井氏は「歌舞伎界でも史上初のお子さん3人も含めて家族4人での襲名披露興行(が控えている)。こうやってけじめをつけないと興行ができないということもあるのだろう」との見方を示した。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000