ニューハーフが教える「女性らしく見えるしぐさ」 髪をかきあげる時は…

 14日放送のAbemaTV『芸能㊙チャンネル』に、ニューハーフの真境名(まじきな)ナツキ(29)が出演。真境名は、幼少期から性同一性障害を認識し、13歳のときにカミングアウトし、秋葉原で地下アイドルをしていた過去をもつ。19歳のときに一部手術済みだという。

 そんな真境名が、同番組で、「女性らしく見えるしぐさ」をレクチャー。1つめは、「くしゃみは小さくするべし」。2つめは「髪をかきあげる時は、顔を作るべし」。くしゃみをするときは、下を向いて両手を口に当て、控えめにする。髪をかきあげる時のポイントは、ただかきあげるのではなく、「豪快に」。かきあげながらやや上を向き、“キメ顔”を作ると、「きれいだねって言われる」のだそうだ。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000