「自撮りのプロ」矢口真里が実践 3つの重要な自撮りテクニック

9月13日深夜に『AbemaTV』AbemaSPECIALチャンネルで放送された『矢口真里の火曜The NIGHT』で、MCの矢口真里が、自身が駆使する“自撮りテク”について紹介した。

この日、矢口と共に番組MCをつとめる岡野との写メに関するトークの中で彼女は、「私、自撮りのプロって呼ばれてて。自撮りがめちゃくちゃ上手いんですよ。テレビだと超普通の人なんですけど」と、なにやら自信ありげに語りだすと、自らが実践しているという“自撮りテク”を紹介。

それによると、以下、3つのポイントが重要なのだという。

(1)加工アプリの中で肌質が綺麗に見えるものを使用

(2)撮影する角度は“上目遣い”が生きる「斜め上から」

(3)スマフォのカメラから見て奥側にある方の頬に手を当てることで“お肉”を減らして顔を細く見せる」


矢口はこれらのポイントを徹底することで、「自撮りのプロ」になることを実現しているとのこと。日頃、あまり上手く撮れないとお悩みの皆さんは、矢口が語ったテクニックを参考に、是非一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000