「本当の“自由の女神”」NYコレクション出演のIris、現地から笑顔届ける

日本縦断ヒッチハイクのTV番組企画で注目を集めた、マレーシア出身のシンガー・Iris(アイリス)が、モデルとして米ニューヨークコレクション(現地時間9月7~16日)に初出演。レギュラーを務めるAbemaTV『AbemaPrime』では12日、ニューヨークのアイリスから元気いっぱいの表情が届けられた。



9頭身といわれる小顔&脚長で、スタイル抜群のアイリスは、タイムズ・スクエア、エンパイア・ステート・ビルの前などで撮影した写真を多数公開。しかしなかには「自由の女神」の顔はめパネルから顔を出したおちゃめな一枚もあり、MCのウーマンラッシュアワー・村本大輔は、その無邪気な表情に、思わず「本当の“自由の女神”ですよね」とコメント。



音声の調子がわるく、アイリスの声はスタジオに聞こえなかったが、スタジオからの声は聞こえているようで、村本が「楽しかったら右手をあげて」と呼びかけると、まさかの”左手”でOKサイン。ニューヨークにいっても相変わらずのマイペースさだった。



ちなみに、この日ゲスト出演したHKT48の多田愛佳は、私服について「大体いつもジャージで歩いてます」と告白。アイリスに負けないふんわりとしたコメントを発していた。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000