ウーマン村本、9.11で「世界が変わったと思った」 あれから15年の世界情勢を考える


2001年9月11日、米同時多発テロが発生したが、あれから世界はアフガン戦争、イラク戦争、イスラム国の台頭、北朝鮮の核実験など、より混沌さを増しているが、12日に放送された『AbemaPrime』(AbemaTV)では、「9.11」以降のこの15年間を出演者が振り返った。



まず、番組冒頭ではニューヨークに住むイスラム教徒からの声が紹介された。

「アメリカで暮らし始めてから、白人男性にこう言われた。『ここから出ていけ! 自分の国に帰れ!』とかね」(男性)

「テロにより周囲の目が変わりました」(男性)

「テロ後、心にも変化がありました。さらに信仰心が強くなりました。不思議なことですが、自分のアイデンティティを保つために、自分の宗教への傾注を強めたところがあります」(女性)


その一方で、アメリカ人とイスラム教徒の関係については「良くなっている。お互い、心を開き学ぶことですべてが変わっていくと思う」という声もあった。この日、同番組出演者は思い思いの「9.11」とその後の世界に対する意見を言い合った。


村本大輔(ウーマンラッシュアワー):僕はあのニュースの時、飲食店にいたのですが、思わず外に出てしまいました。日本にいながら。この一瞬で世界が変わったということを思わされました。



堀潤氏(8bitnews主宰):当時、NHKに入局したばかりです。僕が配属された岡山放送局もその波にのまれて、取材活動を行いました。あれは、率直に怖かった。それと9.11も「振り返りの話じゃないぞ」ということを覚えておきたい。


村本:今の日本でも(こうしたテロは)起こるんだぞ、と思わされました。


堀:しかし、考えなくてはいけないのは、当時の日本と今の日本は違うということです。今、日本は有志国連合を担うと思われています。(安保法制等もあるため)当時の「武力行使をしない」という立場とは違うので、テロの脅威はより現実的な問題として考えなければいけないですよね。



原田曜平氏(博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー):私は堀さんと同級生で、新入社員だったのですが、残業で残っている時、テレビがついていたのですが、映画のチャンネルかと思ったほどです。皆テレビの前に集まって衝撃的でした。


堀:行き場を失った人々がビルから人が飛び降りるシーンは衝撃的でしたね……。僕はあれから、憎しみの連鎖をいかに断ち切るか、を考えていました。それと向き合ってきた10何年間です。昨年来発生しているフランスのテロもそうです。難民を受け入れないとか、そういったことをちょっと揺さぶるだけでこうした憎しみが噴出する事態になっています。


村本:ぜひ、東京・恵比寿へ行ってください。民間の人々が撮った写真展をやっています。シリアの一般の男の子が血まみれでお母さんに抱きかかえられている写真があるんですよ。これって、アメリカの9.11テロと同じですよ。アメリカであったことが、毎日同じように人が死んでいる状況があるんです。


堀:シリアでは、無人爆撃機で非戦闘員が死んでいます。アメリカの空爆についてもそうですが、我々も西側諸国とは別の視点でも考えなくてはいけません。日本だと海外のニュースは視聴率が取れないから大きくは扱いません。昔、国際ニュースをトップに出したら、上司から「こんなの誰が出したんだ! 今は相撲の不祥事を出さなくちゃダメだろ!」と言われました。


村本:シリアでは、アメリカの爆弾で民間人が死んでいることを『AbemaPrime』でやりましょうよ。



小松靖アナ:そんなに簡単ではないんですよ。シリアにはアサド政権があり、アサドが国民を殺害している。それと堀さんが言ったようにアメリカが生んだものが何をもたらしたのか……という問題もあります。そこには石油が関係しているとかいろいろ入り組んでいます。


堀:しかし、海外のテロ事件でも、日本人が被害者の中に入っていたら大ニュースになりますが、入っていなかったらフラッシュニュース扱いになる状況もあります。


小松:メディアのあり方も考えなくてはいけないですよね。


堀:戦争は利権にもなっています。エネルギー利権もある。カナダのトルドー首相、彼なんかは空爆からは撤退しました。ほかの欧米とは違うところへ行く。指導者が、本当に平和を望むのであれば、まだまだやりようがある。ただ、まだ世界では覇権争いが続いているのですよ。



村本:これは、他の事件についても同じで、殺人を犯した加害者が死刑にならなかったりしますよね。なんでこっちが殺されて、向こうは死刑にならないのか? 難しいなぁ……。


村本はこのように頭を抱えたが、この日の同番組ではこうして各人が「9.11」「平和」「テロ」「憎しみの連鎖」などについて思いのたけを語り合った。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000