高畑裕太が示談成立で釈放 弁護士の出したFAX内容の意図を事細かに分析

 俳優・高畑裕太(22)が強姦致傷容疑で逮捕されたが、このたび示談が成立し、高畑は釈放された。この件については、弁護士がファックスで見解を発表するなどしたが、果たして同業者は今回の「逮捕」→「示談」という流れについてどう見るのか。

 今回の釈放時、高畑は警察署の前でマスコミに対して挨拶をしたが、9日に『芸能マル秘チャンネル』(AbemaTV)に出演した芸能リポーター・菊池真由子氏は「車に乗り込む時、報道陣を見渡して乗り込んだ。睨んでるのかなと思った。納得してないのでしょうか……。申し訳ないです、とかではなく、報道陣を見渡して車に入っていった。体調も良くないのかなという顔の青白さがあった」と感想を述べた。


 今回弁護士が送ったファックスには「不起訴・釈放となった」ことに加え、「歯ブラシを要求していきなり引きずりこんだという事実はなかった」「違法性の顕著な事案ではない、ということ」「高畑が(性行為について)合意があるものと思っていた可能性が高い」といった見解が述べられていた。


 番組には、今回の一連の流れについて、嵩原安三郎弁護士が電話で出演。今回の件について詳しく解説した。

「当初は犯行を認めていたわけですね。ファックスの内容を見ましたが、この弁護士は被害者を傷つけないよう、主張をしていると思います。要するに、もともと報道で聞いていた『部屋に引きずり込んだ』という事実がないということ。不思議なのは、もしこれが通常の被害者と示談することになるともっと色々聞くってことなんですよ。

どちらが正しいかは置いといて、被害者の意見を聞く。被害者がどんな気持ちで示談にしたのか? 可能性としては、被害者が報道なども含め、色々なことがあって怖いと感じ、示談しようとなったかもしれない。合意があって始まったのかもしれません。ただ、嫌な気持ちはあったのでは? 

検察官は、不起訴にする場合は、事件性が薄いという判断があった可能性もあります。弁護士も、実際に被害者が強い被害があった可能性があったら、こんなファックスは出さないです。被害者の方が悪さをしようとしたというのはないでしょうが、初めの性行為に至るところに僕らが知らない事情があるのかも、とびっくりしました。こんなファックスが出ると思わなかったです」


©AbemaTV


『芸能㊙︎チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中  


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000