【上智大生殺人放火事件】未解決で20年目迎え、父・賢二さんが今語ること

8日にオンエアされた『AbemaPrime』の木曜日不定期企画「所太郎の今だから言える“真実”」で、レポーターの所太郎氏が、今年9月9日で事件発生から20年が経過した「上智大生殺人放火事件」をとりあげた。


■上智大生殺人放火事件とは

1996年9月9日。当時、上智大学4年生の小林順子さんが、葛飾区の自宅で何者かに殺害され、自宅を放火された。事件が起きたのは夕方、天気は雨。父親は出張中で、母親は仕事に出かけており、自宅には順子さんひとり。アメリカ留学を2日後に控えた日に起きた悲劇だった。

遺体は口を粘着テープで塞がれ、両手足も粘着テープで巻かれていた。また、両足をストッキングで縛られており、その結び方は「からげ結び」という特殊な結び方だった。さらに、事件当時、自宅周辺には多数の不審者の目撃情報があり、事件は早期解決に向かうと思われたが、犯人の有力な情報は出ず、いまだ犯人逮捕には至っていない。


■「時効撤廃」法案を成立させた、遺族の会


殺人事件被害者の遺族らが集まって作られた宙の会。無限、悲しみがなくなることはないという意味合いが含まれている。

2009年2月28日、世田谷一家殺害事件の遺族らとともに殺人などの凶悪事件の時効撤廃や停止を求める会として宙の会は発足された。2010年4月27日というわずか1年余りで法案が成立。通常は、法律は(閣議・天皇のご署名・官報の発行)という手順を踏むため時間がかかるが、異例の即日施行、さかのぼって適用される「遡及適用」。倉敷で夫婦が殺害・放火された事件の時効が翌日に時効を控えていたためだというが、このとき順子さんの事件も、時効成立まで、すでに1年5カ月を切っていた。



賢二さん「やはり、この無念をなんとか晴らしたい。それには絶対に犯人は15年たったからといって取り逃がしてはならない。そういった思いも当然ありましたし、国の法律を動かすわけですから、結果はわからないですけれども、とにかく自分が悔いがないように、悔いを残さないぐらい活動してみたい、そんな思いがだんだんと湧いてきたわけですね。

(法案が成立したときは)本当に、胸が熱くなりました。これで、なんとか娘にも報告ができる…。まあ色んなことが頭をよぎりましたけど、まず最初に、娘に報告ができるという。それがまず第一に頭をよぎりましたね…」


■事件から20年。父の気持ちは「直後」のまま

賢二さん「気持ちは直後。5年経とうが、10年経とうが、20年経とうが我々遺族の気持ちは直後と変わらないんですね。毎朝、仏壇に向かうんですけども、『もしかしたら今日かもしれないよ』というようなことをね、まあ心の中で呟けるのも、やっぱり廃止法案のおかげだなというふうに思ってます」



ゲスト出演したフリーアナウンサー・山中秀樹氏は、「(この時)殺人事件が15年という時効はなくなった。でも警察はずっと捜査しなくてはいけない、というのはどうなんだと。100年経ってもこの事件の犯人を警察は追ってくれるのか。ご遺族の気持ちはわかりますが、それは現実的には70年とかそういうふうにしていかなければ。僕の意識のなかに、その部分はある」と問題提起する。これに対し、所氏は、「ご遺族の気持ちは大事にしていかなくてはいけない。現実的な問題はあるかもしれない。でも時効が撤廃されたことによって、ご遺族のお気持ち、生き方には非常に大きな影響があったのではないかなと思っています」と話した。


■続けられる懸命な捜査 科学技術の発達で、新たな証拠も


これまでに、

・「からげ結び」と言われる特殊な結び方

・玄関に落ちていたマッチ箱からは、犯人のものと思われるA型の血液が付いていた

・口を塞いでいた粘着テープからは3種類の犬の毛

・事件直前には、雨の中、小林さんの家の表札をじっと見ていた不審な男の目撃情報(30代後半でサラリーマン風、身長160センチで痩せ形、黄土色のレインコートに黒いズボン)

という証拠があるが、おととし、新たな証拠として遺体に掛かっていた布団に付着していた血液から、犯人のものと見られるA型の男のDNAが検出された。血液は布団の中央部に残されており、滴り落ちたような痕だったことがわかっている。



所氏は、例えば被災した人たちからの忘れられない声として、「“昨日の明日”が今日なだけ」という言葉を紹介しながら、「小林さんご一家も、そういう思いでずっと過ごしていたんじゃないかなと思います」とコメント。そして、「明日で20年を迎えるこの事件。残念ながら、解決していません。この事件に関しての情報をお持ちの方、何か手がかりをお持ちの方は、どんなささいなことでもいいので、情報提供をいただけたらと思います」と呼びかけた。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000