梅宮辰夫、がん手術後にスクワット 娘・アンナも積極情報発信

 俳優の梅宮辰夫(78)が十二指腸乳頭部がんで療養中であることが明らかになり、7日、長女でタレントの梅宮アンナ(44)が都内で記者会見を行った。

 会見場に現れたアンナは開口一番、「結論から申しますと、現在父は非常に元気にやっております」と父の回復をアピールした。6月中旬に体調不良を訴えて病院を受診し、検査結果が出たのが24日。幸いにもがんは早期発見で、「ステージ1~2の間」だったというが、高齢ということもあり、12時間に及ぶ手術に堪えられる体力があるかが心配で「手術中にもしかすると、という話を先生からいただいていた」という。


 7月に行われた手術では、十二指腸と胆のうを全摘、さらにすい臓と胃の一部を切除したが、術後の経過は良好で、「先生方も驚くほどの驚異的な回復」だという。アンナ曰く「元気に普通に歩いて、スクワットなどもやれるぐらい」と、そのエネルギッシュなキャラクターを彷彿とさせるエピソードも飛び出した。


 8日放送の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターの島田薫氏が「来月には海釣りに行くと言っていた。マネージャーの話では、実はもうすでに先週、バーベキューにも行っている」と、さらにアクティブな情報を披露。「好きなことをすると元気がどんどん増すんでしょう。梅宮さんの回復力というか、生命力を強く感じる」と、あまりの逞しさに驚いていた。


 辰夫はこれまでも九死に一生を得るような体験を多々してきた。島田氏によると、アンナが生まれてすぐの頃に肺がんになり、抗がん剤治療で回復。さらに風邪でも生死を彷徨ったことがある。孫の百々果さんが生まれた頃には、船に乗り込む際に足を滑らせてあばら骨を7本折ってICUに入ったこともあるという。


 今年の2月には腎不全、心不全、重い肺炎など8つの合併症を併発して大変な状況になりながらも驚異の回復力で復活した。これには番組MCで俳優の南圭介(31)も「乗り越えて乗り越えて、どんどん強く逞しくなっていきますね」と感心することしきりだった。



©AbemaTV


『芸能㊙︎チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000