カープが勝った翌日は”鯉” 広島デイリースポーツが報道方針語る

25年ぶりの優勝が間近(マジック1)となっている広島東洋カープ。9月8日に放送された『AbemaPrime』(AbemaTV)では、阪神タイガース報道で有名なデイリースポーツの広島支局、中村正直記者と中継を繋げ、カープが優勝した際の同紙の報道方針を聞いた。



同紙の広島版は、年中カープの話題が1面を飾ると言うが、カープが勝った翌日には、1面の題字「デイリー」の「ー」部分が鯉の尻尾になるのだという。これに、この日ゲスト出演していた広島出身のフリーアナウンサー・山中秀樹氏をはじめとした出演者一同が、驚きの声をあげていた。



9月9日はカープの試合がなく、巨人が負ければ、自動的に優勝が決まってしまう。これを受け、中村記者は「(東京へ移動中の)新幹線の中で優勝が決まってもカープ愛にあふれた紙面にします」と宣言。その上で、「明日(9月9日)はできれば決まってほしくないですね。明後日、東京ドームで勝って25年ぶりの優勝となるよう万全の取材をしたい」と胸の中を語った。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000