フジモン&ニコル、『君の名は。』大ヒットの秘密に迫る

 9月7日(水)に放送された若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』では、公開10日間で累計動員数が299万4670人に達し、累計興収が38億円を突破した新海誠監督の最新映画『君の名は。』について特集。その大ヒットの秘密に迫った。

 同番組でキャスターを務める藤田ニコル(18)は「『君の名は。』は本当に見たいの」と切実な表情で訴え、「予告動画で見たけど、映像がマジでリアル。本当に絵で書いたのかなって思う。うちは映画でボロ泣きするタイプだし、見たいな早く」と期待のコメント。コメンテーターを務めるFUJIWARAの藤本敏史(45)も「俺も急に見たくなった。予告編のラスト5秒で」とコメントした。

 実際に街で本作の感想を集めてみると、「世界に入り込めて、3回も見た」「新海さんのファン。SFチックなところと男女の甘酸っぱさが描れているところがいい。その世界観が好き」「風景とかが好き」「絵がキレイ」「音楽がいい」「ストーリーが秀逸。泣いている人も多い」との声が。

 聖地(作品の舞台)巡礼者が増加していることも明かされると、藤本は「俺も聖地巡礼したい!」と乗り気。ニコルも「行こうよ、一緒に。登場人物になりきって。これから予告ムービーの再現をやる人も出てくると思うし、絶対面白いと思うから一緒にやろう」と、コスプレでの聖地巡礼を提案していた。


©AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000