梅宮辰夫が十二指腸がん、フジモン「人ごとやと思われへん」

 9月7日(水)、タレントの梅宮アンナ(43)が、父、梅宮辰夫(78)のがんを公表した。この報道を受け、FUJIWARAの藤本敏史(45)は「人ごとやと思われへん」とコメントした。

 アンナは7日、都内で会見を行い、梅宮辰夫について、病名は「十二指腸乳頭がん」と公表。12時間に及んだ手術が成功したことを伝えた。

 アンナは「一時はどうなるかと思ったのですが、今現在、父は元気にやっていて、食事も自分で作るようになっています。『とにかく俺は元気だから騒がないで』とも話しています」と現状を説明。


 これに、若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』でコメンテーターを務める藤本は「良かったです。お元気そうで。人ごとやと思われへん」と心配顔。キャスターの藤田ニコル(18)は「梅宮辰夫さんとは会ったことがあるから不思議な感じ…」と驚いた表情を見せた。そして藤本は「やっぱり早めに検査に行くべきですね~」と肝に銘じるようにコメント。ニコルも「早め!早め!」と、病気の早期発見を強く促した。


©AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000