貧困女子高生騒動で「NHKはネット民をなめていた」 ジャーナリストら、メディアのあり方を激論

大手新聞社や放送局の記者が集まって政府などの関連機関から情報を得る「記者クラブ制度」。単独で取材するより早く無駄なく情報を届けられるというメリットがある一方、取材対象との癒着や批判的姿勢の欠如、大手メディア以外を排除しようとする閉鎖的な体制などデメリットもある。6日に放送されたAbemaTVの報道番組「AbemaPrime」の火曜特集「喧嘩上等!バトルスタジアム!!」では”記者クラブ制度は本当に必要なのか”をテーマに徹底的に議論が行われた。



ゲスト出演者からは「現状のままであるなら廃止した方がいい」「都知事の問題を記者クラブは何も言わなかった。追い出されない範囲でやっているのならいらない」「閉鎖的なところがある」など、記者クラブ制度に対して反対の意見が多く出た。



番組キャスターの小松靖アナが「ネガティブな意見が出ましたが、いい点は何かありますか?」と問うとジャーナリストで元共同通信の青木理氏が「本気で権力の監視をするならこんなにいい環境はないです。記者クラブに入っている記者は官庁のいろんなところに行けますから。私は昔警視庁に出入りをしていました。会社には経費の精算をするときに行くくらいであとは警視庁に出勤して仕事をし、そのまま帰る生活でした。なので周りで『自分はペンを持った警察官だ』みたいに勘違いする人もいましたね」と自身の経験も踏まえて語った。



「BuzzFeed JAPAN」編集長の古田大輔氏が「事前にお話もして都議会に取材に行こうとしたらインターネットはメディアと認めていないからと断られたことがあります」と暴露すると、「草食男子」「肉食女子」を命名したコラムニストの深澤真紀氏が「記者クラブは記者会見の時にフリーやネットの記者が手を挙げているのに一切当てないんです」と不満を口にした。



コーナーの後半は先日NHKが貧困問題を取り上げたニュースに対してネット民が大炎上したという話題になった。女子高生が顔出し実名で放送されると、女子高生の家が特定されたりSNSを見つけ「映画や1000円のランチを食べていた。彼女は貧困ではない」などと批判されている。



この問題に意見したのが慶応大学特任講師の若新雄純氏だ。

「世界の他の国と比べて日本の普通のレベルがとても高いんです。その水準の半分以下の人を相対的貧困というんです。精神的に貧困だからSNSで盛ったりもするわけですよ。相対的貧困というのをNHKはもっとしっかり説明するべきでしたね」



深澤氏は実際にそのNHKの番組を見ており、「ネット民にあれだけ餌をあげたら絶対に荒れますよ。NHKはネット民をなめていたんだと思います」とNHKの姿勢が甘かったのではと意見した。


今回は「記者クラブ制度・メディアの在り方」について激論が繰り広げられた。最後にMCのケンドーコバヤシは自身が前に女性に脇腹をどつかれたというゴシップ記事を書かれ、そのゴシップが真実だったという話を披露し、「信頼するメディアを見つけていきましょう」と笑いを誘いつつ締めくくった。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000