オリンピックでメダルを取ったヒーローが悪者に 「ブラックパワー・サリュート」

1968年、メキシコシティオリンピックの200m走で、金メダルに輝いたトミー・スミスと銅メダルのジョン・カーロスは、その表彰台で黒のグローブをつけた拳を高々と突き上げた。二人は共にアフリカ系アメリカ人で、その行為は黒人としてのプライドを象徴し、差別に対抗する意思を表明するものだった。

二人のこの行為は「ブラックパワー・サリュート」と呼ばれ、近代オリンピックの歴史において、もっとも有名な政治行為として知られる。国際オリンピック委員会(IOC)はこの行為に対して、二人をアメリカのナショナルチームから除名、さらにオリンピック村から追放するなど、厳しい処分を下した。

オリンピックでメダルを取った英雄として称えられるはずだった二人だが、アメリカ国内では二人のこの行為に対して非難が集中し、二人は悪者扱いされることとなった。それから50年近く経った今も、黒人差別は完全に消えたとは言えない。二人が選手生命と引き換えに世界に発信した勇気あるメッセージを、いまもう一度確認し直さなくてはならないのではないだろうか。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000