“ももクロ”生出演にテレ朝・小松靖アナ大興奮 「ドM」「やっかい」

9月2日、ももいろクローバーZがAbemaTVの報道番組『AbemaPrime』に出演。この時、もっとも喜んでいたのは番組キャスターのテレビ朝日・小松靖アナだった。普段はスーツ姿の小松アナだが、この日はももクロのTシャツとハッピを身にまとうなど、「モノノフ」スタイルで番組の進行を担当した。



ももクロが登場し、スタジオの外には約500人のモノノフが集まったというが、こうした番組展開をしたことについて9月5日の同番組では小松氏に反省を促すコーナーが登場。月曜MCの村本大輔(ウーマンラッシュアワー)は、「『アベプラ』が目先の数字に走りましたね。最近は、エンディングでミュージシャンが出て支持を集めようとしているのですが、大丈夫なんですか? このままで」と苦言を呈す。続けて、小松アナについても「スーツを脱いだ時点でアナウンサーを捨てたようなもの」と言い放ち、これに小松アナは「そこは真摯に反省し、仕事に邁進(まいしん)します」と誓った。



この後で村本にコメントを求められたゲストコメンテーターの水野しずは「(はしゃぎ過ぎで)やっかいですね(笑)。我を出しちゃってる。ももクロを立ててあげないと」と指摘。さらに、月曜コメンテーターの原田曜平は「ももクロさんと違う番組で共演させていただいたんですけど、いきなり彼女たちに『原田さん、頭がエクレアに似てる』って言われたんです。ビックリしました。がんがんくるじゃないですか。それが好きってことは、小松さん、どMってことですよね?」とコメントすると、これに小松アナは「は、はい。どM…。どMなんでしょうし、そのエクレアのエピソードは有名ですよね」と自身がどMなことをさらっと認めつつ、細かなももクロ情報も頭に入っている様子だった。


そして、9月2日、ももクロはテレビ朝日の『ミュージックステーション』出演を経て『AbemaPrime』に登場したが、視聴者のコメント欄には「Mステよりも愛がある」という意見もあった。



それについて小松アナは「『Mステ』は限られた出演時間でしたが、私達は30分たっぷりやらせていただいた。ももクロさんの協力あってですが、そう言っていただいた視聴者の方もいて、本当に感無量です」と語る。これに対し、村本は「謝罪するかと思ったら感無量なのかよ」と突っ込みをいれていた。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000