尾崎豊に激似 長男・尾崎裕哉、メジャーデビューで奇跡の歌声披露

 9月5日に放送された若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』(AbemaTV)では、尾崎豊の長男・尾崎裕哉(27)による、初のソロコンサートの模様を紹介した。メジャーデビュー曲「始まりの街」を歌うVTRが流れると、コメンテーターを務めるレッド吉田(50)は何度も「そっくりじゃん」と繰り返し、驚きの表情を見せた。

 2歳の時に父を亡くした尾崎裕哉は、5歳の頃から音楽の道を意識し、常に父の背中を追い続けてきた。今回のコンサートでは、オリジナル8曲に加え、尾崎豊の名曲「I LOVE YOU」など全14曲を熱唱。定員500人のところに6000人を超える応募があったことからも、注目の高さがうかがえる。

 会場には尾崎豊のデビュー当時からのファンも多数駆け付け「この歌声は唯一無二。聴けば聴くほど(心に)くるものがある」と、絶賛する声が聞かれた。

 尾崎豊は「15の夜」「I LOVE YOU」「OH MY LITTLE GIRL」などの代表曲すべてを10代から20代の間で世に送り出している。レッド吉田は「その遺伝子を持っているわけだから、これからが楽しみだね」と期待を込めた。


©AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000