レッド吉田、アニメ版「こち亀」出演秘話を語る

 「週刊少年ジャンプ」で40年に渡り連載されてきた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、9月17日発売の42号で完結することが明らかになった。このニュースを受け、9月5日に放送された若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』(AbemaTV)では、コメンテーターを務めるお笑いコンビTIMのレッド吉田(50)らが国民的漫画の連載終了を惜しんだ。

 「『こち亀』はある意味、“青春のバイブル”」と話すレッド吉田。小学校高学年で初めて週刊少年ジャンプを読んだ時に、ちょうど連載が始まったという。アニメ版にアフレコ出演した経験もあり「実物のTIMとして出て、両さんに絡んだ」と自慢げに語ったが、「相方が“命”(ゴルゴ松本のギャグ)をやって。俺はバーターだったね」と苦笑いした。

 スタジオの別室には1巻から199巻までがずらりと並べられ、キャスターを務める今井華(23)も一目見るなり「なんだこの量!」と驚きの表情。「こち亀」は1976年に連載を開始し、現在に至るまで一度も休載がない。少年誌の長期連載として、ギネス記録も持っているという。

 レッド吉田は1976年に発売された1巻を手に取り、「これはタッチが違うね。昔の喫茶店には絶対置いてあるのよ」と感慨深げ。「警察なのに、捕まるようなこといっぱいしているんだよ。常識外で、それが面白い」と魅力を語り、「昭和の1ページが終わるね。寂しいね」と残念がっていた。


©AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000