美女が下着で大乱闘!ランジェリーフットボールの危険すぎるラフプレー

屈強な女性選手が活躍するアメリカンフットボールの試合で起きた、悪質すぎるラフプレーが物議を醸している。


女性だけの7人制アメフト<レジェンズ・フットボール・リーグ>は、ブラジャーとショーツというランジェリー風のユニフォームで人気を博して知られている新進スポーツだ。

8月20日に行われたウェスタン・カンファレンスの試合では、ダラス・デザイアがシアトル・ミストと対戦し、6-44で敗北。その試合結果が不満だったのか、試合後にダラスのヴィクトリア・トーマス選手がシアトルのブリン・レンダ選手に突然つかみかかる一幕があった。

ブリン選手は、ヴィクトリア選手に髪の毛を引っ張られ、10ヤード(約9メートル)も引きずられている。チームメイトたちが慌てて2人を引き離したが、ヴィクトリア選手はしばらくフィールドに倒れて起き上がれない状態。

スポーツマンシップに反する露骨なラフプレーに対し、チームメイトや審判、解説者を巻き込み会場は騒然。当然ながら観客からは激しいブーイングが飛んでいるが、女性同士ならではのえげつないバトルは今後、ルールだけでなく競技の存続に関わる問題に発展するかもしれない。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000