ももクロが生番組に降臨 ライブへの想い&新曲MV撮影秘話を明かす

2日放送の「AbemaPrime」(AbemaTV)に、ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)がゲストとして出演し、新曲「ザ・ゴールデン・ヒストリー」を生披露。さらにトークコーナーでは、ミュージックビデオの撮影秘話などが明かされた。

番組冒頭、楽屋からスタジオへ向かう様子が映され、スタジオに登場すると、大きな拍手で迎えられた。スタジオの外には、ももクロのメンバーを一目見ようと500人を超えるファンが詰めかけ、中には朝の9時から並んでいた人もいたとのこと。

メインキャスターの小松アナは、モノノフ(ももクロファンの呼称)であることを公言しており、この日はももクログッズを身にまとって登場。ももクロのメンバーから「今日も美味しい差し入れ持ってきてもらって…」と暴露されてしまい、他の出演者からの「出演者差別だ!」というツッコミに、思わず苦笑い。

番組では、先日行われたライブ「桃神祭2016~鬼ヶ島~」の様子が流され、ももクロのメンバーは初めて映像を見たと大喜び。百田夏菜子(赤)は後日、ライブ当日の夢を見たと述べ「目が覚めたら手を振ってたんです。余韻に浸っているなと」ライブの興奮が未だおさまらないと明かした。

19日に、横浜アリーナで初のソロコンサートを開催する佐々木彩夏(ピンク)は、過去にライブの演出を手がけてきたが、自身のソロライブの演出は「『こいつ、これがやりたいんだ』と思われるのが恥ずかしい」と明かし「人にするほうが楽しい」と語る。

ソロライブの経験がある高城れに(紫)は、佐々木へ「せっかくのソロなので、自分のやりたいようにやってください」とアドバイス。

メンバーそれぞれがソロライブを行なっているが、百田は「5人集まった時に、もっと違うものができたらと思います」と語り、さらに、番組ではこの日解禁となった新曲「ザ・ゴールデン・ヒストリー」のミュージックビデオが流され、撮影秘話が明かされた。

ももクロのメンバーによると、撮影は事前打ち合わせ無しのドッキリで行われ、撮影開始から最後まで、撮影を止めない「一発撮り」で行われたとのこと。

また、自身のミュージックビデオでは初のファンとの共演となったライブシーンに関しては「事前に振り付けの先生が(ファンに)指導していて、振付が完璧だったのでびっくりしました」と語り、初共演に関して「嬉しかった」と語った。

この日は9日発売の新曲「ザ・ゴールデン・ヒストリー」も生披露され、他の出演者も、特徴的なジャンプの振り付けを一緒に行い、大盛り上がりのライブステージとなった。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000