「ちょっちゅね」の意味は「ちょっと」ではない 具志堅用高が激怒

 2日放送のAbemaTV『芸能㊙チャンネル』に、沖縄県出身の元プロボクサー、具志堅用高(61)が出演。いつも穏やかで陽気なイメージのある具志堅だが、「自分の良いところベスト3」と「嫌いなものベスト3」を紹介するなかで、“お決まり”になっている「ちょっちゅね」について、実は憤慨していることがある!! と明かした。

【自分の良いところベスト3】


1位 腰まわり

2位 気が長い

3位 みんなと遊べる 


 誰とでも仲良くなる具志堅。「楽しいところはどこにでも入り込んでいくんですよ。話をきくのが好きだから」という。1位の「腰まわり」は何かというと、「腰のキレ」のこと。さすがは元プロボクサー、「キレがいいのこう、こう!」とボクシングの構えを見せ、「男はやっぱり腰のキレ! 倒す、飛ばす、全部腰!!!」と言葉に力を込めた。

ちなみに【嫌いなものベスト3】は以下のような結果に。


【嫌いなものベスト3】

1位 ちょっちゅね~と言うやつ

2位 うに

3位 ゴルフの待ち時間


 具志堅は、「『ちょっちゅね~』って言う、場所とかタイミングとかあるわけなんだよ! (これは)むかつくなぁ、っていうのがあるわけですよ、全国に!!」 と、待ってましたとばかりに声が大に。なんでも具志堅によると、「(ロケなどでその地に)行くでしょ、(そうすると)ヤンキーなんかが何回も言うのよ! (ほかにも)『いいじゃない、いいじゃない、もう一回言ってよ』とか(リクエストされる)」。


 何やら「ちょっちゅね~」には、言い方や言うタイミングがあるらしい。「(ヤンキーが言うのは)かわいくないのよ! かわいく言うっていうのがあるのよ! 意味がわかってんのかなって」と憮然とした表情をみせた。

 なお具志堅によると、「ちょっちゅね」という言葉は、「ちょっとだけね」など、「ちょっと」が派生したものではないとのこと。実は「そうですね」という意味で、「(片岡)鶴太郎さんが作り上げたんですよ。ボクシングの解説のときに、実況で『そっすねー、もっとジャブほしいっすねー』とか、(語尾に)『すねー』が多かった。そこから(ちょっちゅね、という言葉が生まれた)」という。


 ただ、「女の子に言われたら嬉しいね。やさしく言う。男性はかわいくない! (ダルそうに)かわいくないんだよねー! (って言うと)呼び捨てみたいになっちゃうんだよぉ!」と、あくまでも「可愛らしく言う」のがポイントであることを力説した。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000