ラブリから悪臭? 若槻千夏「男ウケ悪い匂いがする」

 8月31日、若槻千夏(32)がMCを務める『若槻千夏と生で行ってみた』第21回が放送された。今回は現在飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中の、日本人とフィリピン人のハーフモデル・ラブリ(26)と、お笑いコンビ・三四郎の相田周二(33)、小宮浩信(32)と共に、表参道を散策。ラブリの案内で、行きつけの美容スポットを巡った。

 モデルというだけあって、美に関する強いこだわりを持つラブリ。しかし若槻はオープニングトークから「香水くさい」「タンスから出したてのにおい」と遠慮のないコメントで洗礼を浴びせ、ラブリを「生放送だから止めて」「スタイリストに怒られる」「いいにおいでしょ」と慌てさせた。その後も若槻は三四郎の2人に「ラブリちゃんのジャケット、くさいよ」「ニオイ嗅いで」とけしかけ、においを嗅いだ小宮は「くっさぁー」と絶叫。若槻は「あれは男ウケ悪いわ~」「アパレルかぶれがよく付けてる香水だよね、お香みたい」と扱き下ろす。

 ラブリは「それ、わたしのにおいじゃない、衣装のにおい」と反論し、普段から愛用する“本当の私の香り”という香水をスタッフに持って来てもらう羽目に。


 しかし、それを嗅いだ若槻は「これだよ、このにおい!」「しつこいんですよ」と顔をしかめ、相田も「うわ~、くせぇ」と絶叫。小宮にいたっては「すっと一緒にいると胃がもたれる」「甘ったるい」「モテなくなるよ」とまで言い出す始末。ラブリは「(友達とか)みんないい匂いって言うよ!?」とヤケ気味に香水を上塗りし、さらににおいを拡散。若槻は「やめてよー!」と悲鳴を上げていた。


©AbemaTV


『若槻千夏と生で行ってみた』は毎週水曜日 20:00〜22:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000