世界の喫煙、禁煙事情 世界49カ国で公共施設内で全面禁煙が強制化

カナダ・スペイン・ブラジルなど今や世界49カ国で公共施設内での全面禁煙が強制化されている。世界初の強制禁煙の国アイルランドでは違反金が40万円にも及ぶ。分煙を強制化した国では屋外に喫煙スペースを確保しているが、日本の場合確保しきれていないのが現状だ。

喫煙者に警鐘を鳴らすべく驚きの値段でタバコを売る国も出てきている。カナダ・スイス・フランスでは1箱1000円前後でタバコが販売されており、オーストラリアでは2020年に向け3200円まで値上げするようだ。一方喫煙に寛容とされているアジアや中東の国では日本の半額程度で販売されている。値上げして禁煙を促す国、完全分煙を促す国、はたまた文化として嗜む国とある中で日本は今後どうなっていくのだろうか。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000