高知東生被告、10代から薬物使用 共演俳優衝撃「高島礼子さんも知らなかっただろう」

 8月31日、覚せい剤取締法違反容疑および大麻取締法違反容疑で逮捕・起訴された、元俳優・高知東生被告(51)と元ホステス・五十川敦子被告(34)の初公判が東京地裁で行われた。

 2人は起訴内容を認め、検察側はいずれも懲役2年を求刑。すでに報じられているところによると、高知被告はすでに10代後半には原宿で外国人から勧められ、大麻を使用。さらに20代になるとディスコで覚醒剤を購入・使用していたといい、その長い使用歴が新たな衝撃を呼んでいる。

 AbemaTV『芸能㊙チャンネル』にゲスト出演した女優の遼河はるひ(40)は、このことについて、 「今回のことでわかったのが、依存性がすごく高いものなので、10代からずっとやめられなかったという点で…。(今後)つきっきりでケアをしていく人がいなければ、やめることはなかなか難しいんじゃないかと思いますよね」 とコメント。

 また高知被告と共演経験があり、元妻の女優・高島礼子(52)とも交流があった同番組MCの南圭介(31)は、高知被告が10代の時から大麻をやっていたということに、ショックを隠し切れない。

「僕も、真実をずっと知りたくて。そして今日、初めて10代の頃からやっていたというのを事実として聞いて、すごくショックですね。共演した5年ほど、まったくやっているふうには見えなくて…。だから、(高島)礼子さんも、本当は(高知被告がクスリをやっていたことを)知ってたんじゃないのかなって思う人がいるかもしれないけど、知らなくても(おかしくない)、(いや)知らないだろうな、っていうのが僕の意見ですね。それくらいわからないですね」と言葉を絞り出した。


 同番組メインパネラーで芸能リポーターのあべかすみ氏(57)は、「ニュースに取り上げられる度に高島さんの名前も出てきますし、本当にもう深く反省して、立ち直って欲しい気持ちもありますね」 とコメント。


 なお、判決は9月15日に行われる。


©AbemaTV 


『芸能㊙チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000