【激論】アベプラ特番で大反省会 山本一郎氏は番組の視聴者数と予算の問題を指摘

AbemaTVの報道番組『AbemaPrime』は8月29日のオンエアをもって放送100回を迎えたが、この日は「大反省会SP」として「アベプラはテレビを超えられるか?」をテーマに議論が行われた。

企画テーマは“テレビを超えられるか”だが、同番組の視聴者数は多い時でおよそ26万というのが現状。この数字は、地上波のテレビの視聴率に換算すると、1%に満たない。今後テレビと並び、さらには超えていくためにどうすればいいのか、番組出演者たちが意見交換を行った。



■山本一郎氏の指摘。そして村本は「テレビごっこ」はいらない

この日、ゲスト出演した投資家でブロガーの山本一郎氏は、こうした数字を考慮したうえで、「このままだと、ネットだからできる番組じゃなくて、テレビのネット版みたいになっちゃう可能性がある。それは勿体無い」と懸念を語る。月曜MCの村本大輔(ウーマンラッシュアワー)は、番組について、

「感謝祭みたいなことになって、浮足立ってない? 『アベプラファミリー』とか言ってるけど、これも、どっかのマネしてるんじゃない? そうじゃないと思う。こないだ秋元康さんとご飯に行ったとき、知名度と人気の違いって話があって、『有名でも写真集売れない人がいる。でも知名度全然ないけど、CDめっちゃ売れる人もいる』って仰ってた。『アベプラ』は後者を目指さないといけない。少ない数字でも、この濃い部分をとことん攻めていかないと面白い番組はできないじゃないですか。それなのに、『テレビごっこ』みたいなことやってるからダメ」

と意見し、山本氏もこれに同意した。


■山本一郎氏「このままで続くわけがない」その理由は?


そして、山本氏は前出の視聴者数と予算について言及。

「この視聴数で、これだけのキャスト。いっぱいタレントさんもいて、マネージャーさんもいるじゃないですか。その人たちを食わせられるのかっていう話ですよ。それだけコアな視聴者をつかんでいくためには、もうちょっとちゃんとやらないといけない。ネットだからできることを考えていかなかったら、数字にはなりませんよね?

誰がお客さんにしていいのか、わからないと思うんです。今はでっかいTV局(テレビ朝日)と広告会社(サイバーエージェント)がくっついているから、成り立ってるけど、このままで続くわけない。(番組作りに)お金を払っているのが“誰”かわからないのに、番組が続くわけないじゃないかと」


このように、今は「初期だから」「投資段階だから」といったことで続いているものの、現状のままだと決して先行きが明るくないといった見立てをした。これに火曜隔週MCの小籔千豊は



「2人の意見はわかります。ネットの中はコアな番組をやるというコンセプトにすぐにいきがちですよね。けど、地上波と似ているようなことを、AbemaTVとしてはやりたいんじゃないの? おれはその真意は知らんけど。AbemaTVの放送内容が全部コアで、少ないところに刺さらなあかんねん、っていう番組ばっかり作ってもどうかなと思う。ネットっぽくない、たくさんの人を引き込む番組もあってええと思う」



と指摘した。一方の村本は、そうはいっても『AbemaPrime』は報道番組を掲げてることを話した上で、「こういうコンセプトで伝える」ということを、もうちょっときちんと深く掘り下げるのがいいのではないかという考えを打ち出した。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000