高畑淳子 裕太容疑者の情状酌量証人として出廷する可能性

 宿泊したホテル従業員女性に対する強姦致傷容疑で逮捕された俳優・高畑裕太容疑者(22)。息子の犯罪に関し、母の女優・高畑淳子(61)が謝罪会見を行ったが、これについて芸能界の多くの人が意見をしている。

 ミュージシャン・俳優の泉谷しげるは、裕太容疑者が女性に対し、歯ブラシを持ってくるよう依頼したことを受け、「歯ブラシぐらいテメェで取りに行けバカ野郎」や「もう戻ってくるな。でもお母さんは最高の役者」などと語った。


 また、裕太容疑者は、一番好きな女性は橋本マナミ(32)と語ったが、橋本は「好きとは言うが、強引に誘うのではなく、遠くから見ている感じ」と若干のフォローをしたのだという。

 これに対し、29日に『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)に出演した芸能リポーターの長谷川まさ子氏は「橋本さんは、気を遣われたというか……。これを言ったことによってお母様(高畑淳子)も救われたのかな……」と感想を述べた。


 また、カンニング竹山は、29日に放送された番組で裕太容疑者について「芸能界復帰云々はない。高畑淳子さんについても、お母さんのことは個人的には好きだが……。ただ、やらかした事件があまり前例にないので、お母さんがテレビに出たら、被害者が心が傷つくのでは……。なので、テレビに出るのはどうかなと思う」と母親の芸能活動に対しても懸念を表明した。


 今回の一連の騒動について、同番組に出演した作家・小松成美氏は「(高畑淳子の)会見は、ショック状態だったんじゃないかな……。平静になって息子と向き合おうと思ったかもしれないけど、あの時の彼女はショック状態だったとしか思えないです」と語った。

 そして、長谷川氏は、高畑淳子の主演舞台『雪まろげ』が9月24日から開始し、12月4日に終わることを受け、こう語った。

「普通でも体力が大変。精神的にも大変な中、森(光子)さんから受け継いだ舞台ですし、代表作にするためにもここは頑張るしかないのでは……。今、裁判が始まるのが12月ぐらいと言われています。12月になれば、情状酌量の証人として出廷できるかもしれませんね。弁護士は絶対に証人として出廷してもらいたいとのことです」


 そして、小松氏は「お母さんとしての立場はあるが、容疑者のやったことは許せない。女性の人生を考えると弁護するようなことはないと私は思う」と裕太容疑者に対しては厳しい姿勢を見せた。また、長谷川氏は、被害女性の身元を明かそうとするような動きがネット上であることについて「セカンドレイプも気にしなくては。これがネット社会の怖いところ」と述べた。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中   


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000