蝶野選手がニュース番組に登場 衣装は自身プロデュースのショートジャンプスーツ(40,176円)

 原宿から放送する若者向け情報番組 『原宿 アベニュー』の25日放送回に、プロレスラーの蝶野正洋(52)が出演した。共演者には、人気モデルの澤田汐音(18)とテレビ朝日アナウンサーの紀真耶(23)。同番組は若者世代のタレントとその父親世代である男性タレントがパパコメンテーターとして出演しているが、蝶野もパパ枠で出演。蝶野は冒頭から若者2人に圧倒されている様子だった。


 この日の蝶野の衣装は、総柄のショートジャンプスーツ。ショート丈(半ズボン)のジャンプスーツとは、なかなか若者向けなファッションだが、実はこの衣装は蝶野自らプロデュースしたブランド「アリストトリスト」のもの。ネットからの購入も可能だ。


 ジャンプスーツ誕生のきっかけについて、蝶野は以下のようにサイトで説明。

「昔、選手は、普段の移動はジャージを着ていたんだけど、それらと差別化を図るために、TEAM2000の選手で、それを着て、そのまま新幹線や飛行機で移動できるようなユニホームとして、作ったのが、ジャンプスーツ誕生のきっかけだよ。今夏、初めてショートジャンプスーツを作ったのにはちゃんとした理由があって、もともとのジャンプスーツも、袖を取って半袖にすることはできたんだけど、でも、半ズボンは無かったんだよね。ジャンプスーツは、夏に着るのには暑い。冬の服というイメージがあったので、夏にも着られるジャンプスーツが欲しいと思っていて、せっかく作るのだからアリストトリストの商品としてファンの皆にも届けられる商品として、用意したいと思っていたんだよね。この夏は、どこに行くのにも、着ていることが多かったけど、とても使い勝手がいい。白だし、涼しいね^^ 」


 同ジャンプスーツは、期間限定の受注販売のみ。予約価格40,176円(税込)。気になる方はぜひご注文を。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000