“投資詐欺疑惑”の中国・巨大バス問題 国内では「詐欺」の意識ない?

24日放送の「AbemaPrime」(AbemaTV)では、中国で開発中とされる超巨大バスが、“大掛かりな投資詐欺”ではないかと指摘する声が上がっている件について特集を組んだ。

道路をまたぐ斬新な形で、1台に1200人も乗車でき、中国の渋滞緩和や大気汚染の改善が期待されていた超巨大バスプロジェクト。中国メディアによると、バスを開発したメーカーの関連会社が、個人投資家などから開発費用として、日本円にしておよそ15億円を集めているにも関わらず、現在連絡が取れなくなっている状況であるとのこと。


番組では、北京在住の会社員、劉藤梓(りゅうとうし)さんとSkypeで繋ぎ、現地の声を聞いた。


劉さんによると、巨大バスの話題は中国でも有名で、最初に紹介された時には「渋滞を緩和する素晴らしい手段だ!」と多くの人が興奮し、インターネットを中心に話題となっていたとのこと。ただ、試運転が行われたといった話題が出た際、「技術的な問題が残っている」といった指摘もあがっていたという。

今回「投資詐欺では?」と話題になっていることについては、「資金繰りに困っており、資金集めに奔走している」という話はあるものの、「詐欺」という話題は聞いたことがなく、今回の中継が初耳だったと話す。


スタジオからの「詐欺であると思うか?」という問いかけに、工学部出身だという劉さんは「技術面しか興味がない」としながらも「今回の巨大バスに限らず、大きなプロジェクトを実現するには、色々な方法があって、詐欺かどうかはわからない」と明言を避けるにとどまった。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000