ゲーム会社と440億円の契約を結んだアニメ好きラッパー・ Soulja Boyが新ミクステをリリース!

インテリア”でも“キンケシやレゴ”集めたラッパーなら“韻蹴り上げろ”!ってな具合にアニメ好きでオタク精神が強いラッパー・ Soulja Boy(ソルジャ・ボーイ)が、前作のミクステ『ROCKSTAR』から1ヶ月も経たないうちに新たなミクステ『S.Beezy 2』をドロップ!アニメ好き&現行ヒップホップシーンを追っているヘッズだったら、チェックワンツーしとけって話だ!


Soulja Boy(ソルジャ・ボーイ) 

2007年に発表したシングル『Crank That』がビルボードチャートにて7週連続1位を獲得し、17歳にして一躍トップスターに仲間入りしたシカゴ出身のラッパー・Soulja Boy。以前から日本のアニメ文化に興味を持っているらしく、過去には「デスノート」「アフロサムライ」「ドラゴンボールZ」などを好きと公言しており、『ANIME』『Death Note』という楽曲も発表しているのだ。

『Anime』

さらに今年にはゲーム会社・World Poker Holdingsが、Soulja Boyと5年440億の契約を結んだことを発表し話題になったのも記憶に新しいところだ。 そんな話題のSoulja Boyが、7月31日にリリースしたミクステ『ROCKSTAR』から一ヶ月も経たないうちに新たなミクステ『S.Beezy 2』をドロップ。


『S.Beezy 2』

新作『S.Beezy 2』には、『Beautiful Girls』で有名なレゲエヒップホップシンガー・Sean Kingston(ショーン・キングストン)やHot Boysのメンバーとして知られるHot Boy Turk(ホット・ボーイ・ターク)が客演で参加しており、Desiigner(デザイナー)の大ヒット曲『Panda』をビートジャックした楽曲も収録した全14曲の充実した1枚になっている。さらに、新ミクステ『S.Beezy 2』から『Max Payne』のMVも公開されたぞ。


『Max Payne』 

アニメ好きを公言していることだけあって「ポケモンGO」にもハマっているSoulja Boy。今後も日本アニメを意識した作品をリリースしてくれることに期待して、インスタなどを随時チェックしておこう!


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000