“国連”こと国際連合の目的と役割とは?

国連こと国際連合は1945年に設立された。日本は1956年に加盟し、現在の加盟国数は193カ国にのぼる。設立の目的は国際平和及び安全の維持であり、お互いの権利と自由の尊重を働きかけるように共同で努力することである。

本部はニューヨークで、総会・安全保障理事会・経済社会理事会などの主な機関とUNESCO(国際連合教育科学文化機関)・WHO(世界保健機構)などの専門機関からなっている。

多くの役割があるが、国連は平和維持のために活動し、国際紛争を平和的手段によって解決するべく役割を果たそうとしている。さらに貧しい人々の生活状況を向上させることなどの役割もある。国連の活動は多岐に渡るが、その影響力はどのくらいなのだろうか。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000