元ミス・ユニバース日本代表・松尾幸実はオタク? 「コナンの劇場版は14回観た」

 2013年度のミス・ユニバース日本代表の松尾幸実(28)は、最近『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』(テレビ朝日系)に出演するなど活動の幅を広げている。そんな松尾が、23日に放送された『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)にゲスト出演し、意外な素顔を多数語った。

 元々ミス・ユニバース応募したきっかけは、軽い気持ちだったのだという。松尾は漫画家になりたかったため、「記念受験」をした。あくまでも漫画のためのネタを集められたらいいなという気持ちだったそうだ。それが合格となったわけだが、番組MCの芸能リポーター・井上公造氏(59)から「昔からきれいだね、とか言われていたの?」と聞かれたら「私は全然言われてませんでした。クラスのスクールカーストでは最下位です」と返答。

 井上氏は「どんなクラスだ!」と突っ込みを入れていた。なお、ミス・ユニバースの日本代表では賞金はないのだとか。

 この日は、松尾に関するギャップが明かされたが、そのうちの一つが「イラストが得意」だ。松尾が描いた和装の美女のイラストが2枚紹介された。1枚にかける時間は3日程度だという。


 また、この日は、番組出演者の井上氏、俳優・南圭介(31)、アシスタントの「みっつ」の3人のイラストも松尾は持参。これは15分で描いたそうだ。

 もう一つのギャップは「オタク」であるということ。アニメ『名探偵コナン』シリーズにハマっていて、今年4月に公開された『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』はなんと14回も観に行ったという。


 みっつは「1回1800円として25200円も使っているんですか!」と仰天。松尾は10回目ぐらいからは「ここで最後よ!」といった形で観に行くのをやめようと試みたようだが、結局14回も観てしまった。


 南が「声優の仕事来ますよ!」と言うと松尾は「お願いします!」と映画関係者にアピールしていた。なを、松尾が目指しているのは同じ事務所所属の女優・米倉涼子のような存在だという。  


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000