井上公造、IMALUの口の軽さを語る 「さんまさんに似ていて良かった」

 23日に放送された『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)で、野田秀樹作・演出の舞台『足跡姫』について紹介。井上氏は、野田氏と女優・大竹しのぶが過去に同棲していたことについて語った。 

 当時13日間、大竹自宅を張り込んでいたという井上氏。大竹が在宅だったかは不明だが、当時3、4歳だったIMALUは家周辺で遊んでいたようで、井上氏はお菓子をあげて餌付けしていたという。


 芸能リポーターに慣れたIMALUは「もうすぐお母さん家に帰ってくるよ」などと大竹の情報を話していたようで、井上氏は「口の軽さだけは(父の)明石家さんまさんに似ていてよかったなと思った」と当時のIMALUを振り返った。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000