ざわちん 小峠のものまねメイクに挑戦? 「自分でも似てるなって」

 22日放送の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)に、ものまねメイクでおなじみのタレントのざわちん(24)がゲスト出演した。

 ものまねメイクをするときは、練習なしで本番1発でやるというざわちん。そのため、失敗してやり直すこともあり、その時間も含めると、かなりの時間がかかるものもあったという。そこで、「時間がかかるものまねメイクランキング」を発表した。

  3位は、6時間かかった女優の杏。元々ナチュラルメイクの杏に、ナチュラルなメイクで似せるのが難しかったという。とくに難しかったパーツは「眉。眉間の距離感がなかなかつかめない。離したり近づけたり」と、苦労したことを明かした。眉間の距離を調整する際は、「自分の眉はクリームタイプのコンシーラーで消してます」と、こっそりコツも伝授。さらに、「目力加減も難しかった。目力出しすぎちゃうと、優しい印象がなくなっちゃうから」と、濃くなりがちなメイクを、いかにしてナチュラルに見せるかに時間がかかったようだ。

 2位は、8時間かかったフィギュアスケート選手の羽生結弦。「もともと(まぶたが)二重なんですけど、どうやったら一重になるかわからなかった」という。「両面アイテープをまつげのすぐ上に貼って、まぶたをかぶせるようにすると一重のようになる」と、時間をかけて編み出した秘策を披露した。しかし、それだけでは雰囲気が出なかったようで「羽生選手は演技中のイメージが印象深いので、ウィッグに霧吹きをかけて汗っぽさを出して、みんなの印象にある雰囲気に近づけました」と、人々のイメージにある人物像を生み出す苦労を語った。

 そして1位はイギリスの男性5人組アーティストのワン・ダイレクション。5人を1人ずつ再現するのにかかった時間は、なんと19時間。寝ずにぶっ通しで仕上げたという。


 男性にも外国人にも変身してしまうものまねメイクは、どのように日々生み出されているのか。ざわちんは、「研究というよりも、道具で楽しむことに視点を置いている」という。

「たとえば、(眉毛をかく)アイブローペンシルは、眉毛にしか使わないんじゃなくて、他のいろんなところに使うとテクニックが生まれてくる。まつげ用のマスカラを眉毛に使ったり」 と、メイク道具をいろいろな用途に応用しているそうで、これは、ものまねメイクだけではなく、普段のメイクにも生かせるそうだ。


 そんなざわちんに、視聴者からも「尾崎豊」「南圭介」「(バイきんぐの)小峠」とリクエストが殺到。これにざわちんは「小峠さんはお会いしたときに、自分でも似てるなって思った瞬間があって。マスクなくてもできるかも」と驚きの告白。今後、ざわちんのブログをチェックしていると、小峠のものまねメイクをしたざわちんを発見できるかも!? ちなみに、今日明日でチャレンジしたいものまねメイクは、俳優の山崎賢人だという。


 ©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000