元AKB48・宮澤佐江がイケメン五輪選手に大興奮「好きです」

リオ五輪から続々と選手が帰国しているが、20日に放送された『みのもんたのよるバズ!』(AbemaTV)では、銅メダルを獲得した女子卓球チームや銀メダルの男子卓球チーム(水谷隼は個人銅メダル)、それに団体金メダルを獲得した男子体操チーム(個人総合で内村航平が金、跳馬個人で白井健三が銅)の帰国時の様子を放送した。

また、小池百合子東京都知事も閉会式出席のためにリオ訪れ「東京の宝、日本の宝をアピールしたい」と述べたことなどを報じた。こ、れに番組MCのみのもんた氏(71)は「タフだねぇ。あれだけの選挙戦やって。遠いんだよ。ブラジルのリオって。40時間ぐらいかかるんですよね。あれくらいタフじゃないと都知事できない」と舌を巻いた様子。そして、安倍晋三首相も閉会式を訪れることについて、みの氏は「オレが安倍さんだったら自分で(五輪旗を小池氏の代わりに)取りたい」と語った。

こうした一連の流れを受けてキャーキャーとはしゃいでいたのが元AKB48の宮澤佐江(26)。みの氏から「好きな選手がいるんだって?」と聞かれるとこう答えた。

「内村航平選手、好きです。最初はちょっと(いいパフォーマンスができるのか)心配しました。生放送では見ていなかったんですよね。(好きなんでしょ? と向けられ)向こうは私のこと知らないと思うし……。奥様いらっしゃるし……。あと、私はミュージカル『王家の紋章』に出演中です。プレッシャーと葛藤していますが、楽しく自分らしいお芝居ができています。来週は千秋楽なので、喜びをかみしめていきたいです。内村選手のことは一方的に応援しています!」

このように、自身の演技のこともPRしつつ、内村への思いも述べた。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000