小松アナ「日テレよりテレ朝にお願い!」 体操・白井選手に生ラブコール

リオオリンピックでの連日メダルラッシュに湧く日本国内。一方で、大々的には報道されないさまざまな物語が生まれている。8月18日放送のAbemaTV「AbemaPrime」では東京スポーツ新聞社運動部長の大沢裕治氏と中継を行い、リオオリンピック・東スポ“珠玉の記事”ベスト3を発表した。



▪︎第3位「ゴルフ会場は野生の王国」


ゴルフ会場を歩くカピバラの姿があちこちで散見された会場は、なんともいえない雰囲気。野村敏京選手が好調な滑り出しを見せたゴルフ女子でも、カピバラが姿をあらわした。わくわく動物ランド状態のゴルフ会場で、果たしてメダルはなるか。


▪︎第2位「荻野公介ノーパン疑惑」


水泳の荻野公介選手が、普段から「ノーパン睡眠法」を実践しているというウワサを本人に直撃。本人は「普段は履いているから大丈夫」とコメントしたそうだ。この件に関して漫画家の蛭子能収氏は「布がひとつ擦れないだけで気持ちいいんじゃないですか」とコメントし、スタジオ内は笑いに包まれた。


▪︎第1位「白井健三アナウンサーに!?」


伸身ユルチェンコ3回半ひねりを決めて、銅メダルを獲得した体操男子の白井健三選手。実は17歳の時、インタビューの際あまりにも受け答えができていたことから、日テレのアナウンサーとしてスカウトされていたという事実を報道。


この件を受け、番組メインキャスターの小松靖アナウンサーは、

「あのー...。日テレは人材を見つけるのが早いんです。業界でも有名です。まさかそこまで青田買いとは思いませんでした。買ってはいないですけど。どうなんでしょうね。女子アナは花形ですが、男性アナウンサーはどうでしょう……わかりません。白井選手がもし仮にアナウンサーになるのであれば、日テレよりテレ朝でお願いします!」と力強く呼びかけた。


リオ五輪も残りわずか。まだまだ、ドラマは終わらない。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000