若槻千夏が後輩モデルにアドバイス 「LDH系はダメ」

 17日、若槻千夏(32)がMCを務める『若槻千夏と生で行ってみた』第19回が放送された。今回は雑誌「non-no」の専属モデル・鈴木優華(19)と、もはや準レギュラー級の登場回数を誇るロッチのコカドケンタロウ(38)と共に後楽園を散策。テーマパークのアトラクションやウィンドウショッピングを楽しんだ。

 番組後半で訪れた「ムーミンベーカリー&カフェ」では、鈴木の事務所の先輩である若槻が「プラチナム(事務所)を代表」とばかりに、今後の鈴木の売り出し方について“事務所の意向”を熱弁。

 好きな芸能人を聞かれた鈴木が「三代目……」と言いかけると、即座に「はいダメー」「不正解~」と首を振り、「正解は森本レオさんです」と、芸能界ウケを狙った解答を伝授。それでも鈴木が「LDH系がいいんですけど……」と食い下がると「そっち系は出会いそうだからダメ」と大反対。コカドも「絶対ダメ」「その答えは今後非公開にするように」と、若槻に全力で同意していた。

 コカドは「(ロッチの相方)コカドくんはどう?」と提案するが、これも若槻が「そこまでいくとテレビ用の答えと思われるからダメ」と、自身の芸歴を武器に微妙なさじ加減でジャッジ。若槻とコカドは主役の鈴木をそっちのけに好きな男性の“模範解答”を議論し始め、結局、ミュージシャンの山崎まさよしに決定した。


 また、結婚したい年齢についても、鈴木が「22歳」と答えると、これも若槻が「はいダメ!」と否定。「22歳は、CMが決まる(事務所が一番売り出したい)時期だから」「正解は28歳です」と自論を展開した。コカドから「(これまでのことを踏まえて)練習しよう」とうながされた鈴木は、「好きな男性のタイプは山崎まさよしさん、結婚したい年齢は28歳です」と言わされる羽目に。若槻とコカドは「合格!」「でき上がった~」と手を叩いて喜んでいた。 


©AbemaTV


『若槻千夏と生で行ってみた』は毎週水曜日 20:00〜22:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000