フジモン、15歳のときは「おっぱいのことしか考えてへんかった」

 8月17日に放送された若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』で、コメンテーターを務めるFUJIWARAの藤本敏史(45)は、「おっぱいのことしか考えてへんかった」と自身の15歳を振り返った。

 同番組では、開催中のリオデジャネイロオリンピックで、3位決定戦に勝利し、銅メダルに輝いた卓球女子団体の伊藤美誠選手(15)が、“卓球五輪史上最年少のメダリスト”になったことを伝え、祝福した。

 どんなときでも緊張しないと話していた怖い物知らずの伊藤選手について、水曜キャスターを務めるタレントの岡田結実(16)は「伊藤さんとは同じ学年なんですけど、私なんてこのスタジオに来る度にガクガクしているのに」と、その積極性に驚いた。

 すると藤本も「緊張しないなんてすごい。俺が15歳のときなんておっぱいのことしか考えてへんからね」と、ぶっちゃけトーク。「伊藤選手は試合に負けたのに、(2016年8月時点で世界ランク2位の)丁寧選手とは『どっこいどっこいになってきたと思う』なんていっている。俺は深夜のバラエティでも緊張するときがあるのに。見習うべきだな」と、反省の弁を口にした。


©AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000