“恋愛依存症”でジョーカーの恋人、ハーレイ・クインが大暴れ 映画『スーサイド・スクワッド』特別映像解禁

バットマンやスーパーマンらヒーローによって投獄された史上最凶の悪党たちが大暴れするアメコミ映画『スーサイド・スクワッド』(9月10日(土)公開)。世界的なメガヒットを飛ばして話題の本作は、音楽も超豪華!サントラ入り悪党軍団が大暴れ特別映像が解禁となった。

本作のため集結したのは、昨年リリースした最新作『Blurryface』で初の全米1位を獲得し、いまアメリカのロック・シーンを牽引するバンド、トゥエンティ・ワン・パイロッツ。さらに、人気EDMプロデューサーのスクリレックス。また彼と奇跡のコラボレーションを果たすことになった、人気の“ギャングスタ・ラッパー”リック・ロス。そのほかにも、音楽も私生活もド派手な、まさに“音楽界のスーサイド・スクワッド”とも言えるアーティストたちが、悪党たちの爽快アクションを盛り上げている。

映像は、トゥエンティ・ワン・パイロッツの新曲「ヒーサンズ」とともに悪党たちが酒を飲み交わすところからスタート。さらに、ウィル・スミス演じる伝説の暗殺者・デッドショットの「俺たちは悪党だ」というセリフも、曲とマッチして決まっている。

映像の中盤からは、スクリレックスとリック・ロスの最強タッグで送る注目曲「パープル・ランボルギーニ」に合わせて披露される、悪党軍団のアクション。世界中で大人気の“恋愛依存症ガール”ハーレイ・クインは、アップテンポな曲に乗ってキュートで豪快なフルスイング。一方、福原かれん演じる冷酷な女サムライ・カタナが冷静な刀さばきで敵を切り捨てる様子は超クールだ。そして映像のラストは、ノリノリのテンポに合わせてハーレイがセクシーなお尻をフリフリしながら立ち去る姿で締めくくられる。

監督のデヴィッド・エアーも「魅力的な音楽と映画が組み合わさることによって、映画そのものを別のレベルに上げてくれた。そんな魔法が起こっている。僕は音楽好きな人もがっかりさせないように曲を選んでいるよ」とコメント。曲に合わせてはしゃぎながら街を破壊しまくる悪党たちを見れば、あなたも思わず一緒になって暴れたくなるはずだ。


映画『スーサイド・スクワッド』は9月10日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他3D/2D/IMAX公開

(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000